視力が回復 ツボ

視力が回復するツボ

人間の体にはツボ(指などで押す、お灸をする、鍼を打つなどして刺激します)というものがあり、そこを刺激することによって、様々な症状の改善に効果を発揮します。では、視力を回復させるツボ(自分での指圧では効果を感じられない場合には、せんねん灸などを試してみるといいでしょう)というのはあるのでしょうか?

結論からいうと、視力を回復させるツボ(指などで押す、お灸をする、鍼を打つなどして刺激します)はあります。ただ、効果があるのは眼精疲労や目の疲れによる視力低下(ヨーロッパでは、視力を小?ではなく、分?で表すのだとか)です。

ツボを刺激してあげることにより目の酷使で凝固まった目周辺の筋肉をほぐし、視力を戻す事が出来るはずです。視力回復に効果があるといわれているツボは、次の3つです。

・天応
・太陽
・四白

天応とは、まゆ頭から3ミリほど下の眼窩の内側の少し凹んだところにあるツボです。両手の親指の腹を使って、左右のツボを軽く刺激すると、ドライアイや疲れ目を改善でき、視力回復効果を得る事ができます。このツボは、1秒に1回くらいのペースで押すと良いかもしれません。

また、太陽はこめかみにあるツボ(自分での指圧では効果を感じられない場合には、せんねん灸などを試してみるといいでしょう)で、ここを刺激してあげることで、近視や遠視を改善する効果的なのです。それに、黒目から2センチ程度下にある四白というツボも、押すと循環が良くなり、疲れ目が改善して視力回復に効果的です。

ツボ(指などで押す、お灸をする、鍼を打つなどして刺激します)を刺激する場合、過度に力を入れないというのがポイントになりますから、優しくゆっくりと押すようにしてください。

 

サイトマップ