視力回復 コンタクト

視力回復コンタクトってどんなもの?

近年、視力を回復させたい人に注目されているのが、視力回復コンタクトです。オサートやオルソケラトロジーとも呼ばれており、特殊なコンタクトを装着して寝ると、寝ている間に角膜を矯正でき、視力が回復します。


一晩このコンタクトを装着して角膜を矯正すれば、個人差はありますが、日中は裸眼(大抵の場合はめがねなどで矯正していない視力について使う言葉でしょう)で問題なく生活できるくらい視力が回復するでしょう。

手術を行う必要がないので、最も手軽で確実な視力回復方法(選択を誤ると、取り返しのつかないことになることもあるかもしれません)だといえます。ただ、便利なに限った事ではなくデ利点もあるのですから、慎重に検討する必要があるかもしれません。

視力回復コンタクトのデメリットとして、次の3つが挙げられます。

・出費が掛かる
・持続効果が短い
・衛生面に不安を感じる

まず、視力回復コンタクトには健康保険(現在のような国民皆保険の達成は、昭和36年でした)が適用されないので、25万円〜40万円ほどの費用がかかります。決して安い金額ではないですし、3年間ほどで交換が必要なため、経済的負担が大きいそうです。また、矯正による効果がずっと維持出来る訳ではなく、あくまでも一時的なものなので、時間と共に視力が低下してしまいます。

持続効果は人によって異なり、1日で元に戻る人もいますし、3日くらい続く人もいるみたいですよ。それに、使い捨てコンタクトではないので、しっかりと手入れをしないと不衛生になってしまい、目のトラブルを起こす場合もあるでしょう。

 

サイトマップ