アントシアニン 近視

アントシアニンは近視に効く?

アントシアニン(フラボノイドの一種で、ブルーベリーやカシスなどに多く含まれています)は、近視に効きます。しかし、アントシアニンを摂ったからと言って、近視が治るとか、視力が劇的に改善されるというような効果ではありません。

アントシアニンはポリフェノールの一種であり、代表的な物ではブルーベリーに含まれるというのが有名です。ブルーベリーの他にも、ぶどうや赤じそ、なす、さつまいもの皮などに含まれている赤紫の色素の成分で、とても強い抗酸化作用(喫煙や飲酒の習慣がある人は特に抗酸力の高い食品やサプリメントを摂取した方がいいでしょう)があります。

目の機能を向上させるという作用が代表的な効果で、眼精疲労に特に良いとされていますので、眼精疲労による視力の低下などの予防が期待出来るでしょう。仕事でPCのディスプレイを凝視していると、自覚症状はなくても目がとても疲れています。

近年では、知らず知らずのうちに、眼精疲労に陥っていらっしゃる方がとても多くなっています。眼精疲労は近視の原因にもなりますから、定期的に目を休めて、なるべく目が疲れないようにしたいものですね。それに、ブルーベリーやサプリメントなどでアントシアニンを摂るというのも、近視や視力低下(第二種運転免許の取得試験や更新の際には、三桿試験という名前の深視力検査が実施されます)の予防に繋がります。

 

サイトマップ