視力回復 体操

視力回復できる体操

視力が悪くなると物を見るのがつらくなります。メガネ(度などがわかれね、オンラインで購入することも可能ですね)をかけるのも嫌だし、コンタクトレンズもいろいろと面倒だから嫌だという人は、視力回復に効果のある体操を行ってみるのもお勧めです。

体操といっても体を動かす体操(最近では、マルモ体操が人気を集めています。芦田愛菜ちゃん、かわいいですよね)のように体力を必要とするものではなく、非常に簡単なトレーニングですから、続けやすいと思います。

一つ目のトレーニング
遠近体操(それほど運動量が多くないような気がしますが、真剣にやるとけっこう大変です。継続することで健康維持に役立つでしょう)法と言う方法です。これは遠くにあるものと近くにあるものを交互に見るトレーニングです。

このトレーニングを行うことで毛様体(血液の代わりとなる房水の分泌を行うのも、大切な働きの一つです)筋と呼ばれる目のピントを合わせる働きを持つ筋肉の緊張をほぐすことができます。毛様体(血液の代わりとなる房水の分泌を行うのも、大切な働きの一つです)筋が緊張すると、滞りなく筋肉が動かなくなるため、目のピントが合いづらくなり、視力が落ちてしまいますよね。それを体操でほぐすことで、視力の回復を促す為す。

二つ目のトレーニング
遠方凝視法と呼ばれる遠くを凝視する方法です。これを行うことで毛様体筋を緩めて、水晶体を薄くすることができます。

毛様体(血液の代わりとなる房水の分泌を行うのも、大切な働きの一つです)筋が緩む=リラックス(人それぞれリラックス方法は畭なりますが、お風呂に入る、マッサージされる、深呼吸をするなどが比較的代表的かもしれません)するという事もなので、この方法(経験豊富な人ほど、より精度が高いということがよくあるでしょう)でも筋肉の緊張を取ることができるわけです。

視力の低下は目の筋肉の緊張と水晶体の動きが悪くなることで起きますので、この体操(それほど運動量が多くないような気がしますが、真剣にやるとけっこう大変です。継続することで健康維持に役立つでしょう)を上手に取り入れると視力回復に役立つでしょう。

 

サイトマップ